毛玉屋日記
プロフィール

毛玉屋

Author:毛玉屋



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


養老孟司氏の講演
金曜日、養老孟司さんの講演会に行ってきました。

哲学的な話をそれほど難しくなく、おもしろく聞けました。

今回は「意識」の話。
人は、(ヒト以外の動物でも)入力→意識(演算)→出力の系を持っています。

・自分の持っている概念がガラッと崩れるのがこの上なく楽しい。
・意識を意識で考えることはできない
・脳は起きているときと寝ているときで酸素消費量は変わらない。つまり、起きているとき思考することで意識にはエントロピーが溜まり続けるが、寝ているときにそれを解放しているわけです。無公害なもの。

「入力」の部分について
現代人は日常、舗装された道路ばかりを歩いているが、これは入力が一つしかなく、多様な出力が失われつつある。
つねに次の動作を考える。
手を動かす、足を動かす。脳に大事。


人を見るとき、だいたい動きを見ればその人がわかる。

ある登山家「ベースキャンプからさらに上へ上るメンバーを選抜するとき、まったく動きが無い人は落とす。動きすぎる人も落とす。」
とある企業の人事「あ、うちもまったく同じです」


「意識」とは
物事を’同じ’と認識することである。

モチベーションについて質問している人がいた。
探検家の白石さんやプラネタリウムの太平さんも、養老先生の昆虫採集も全て同じだった。

モチベーションは意識して保っているわけでない。

「好きだからやる。」以上。

スポンサーサイト

ジムカーナ 今度は二輪
高橋国光さん

会社の有志企画で、ツインリンクもてぎに行ってきました。
土屋圭一さん、高橋国光さん(写真左)を始め、トップライダーが講師となり、四輪、二輪のジムカーナレッスンや、トークショーなどが行われました。
ビデオだけでは絶対に知ることができないぶっちゃけトーク満載で笑いが絶えませんでした。
トークショー


レッスンは抽選なのですが、僕は二輪の方が当選したのでした。
講師はJSBランキング2位安田毅史(やすだ・たかし)さん、熱田高輝さん、志賀吉信さんです。

バイクではサーキットはもちろんのこと、ジムカーナも初めてなので、まったく自信がありませんでしたが、走行を重ねていくうちにずいぶん慣れてきて、タイヤの端のほうまで使うことができるようになりました。

ニーグリップや目線、肩の力など、とことん基本的な事を意識して走りました。
こういうレッスンを受けることは、日常の安全運転に繋がると思いました。
バランスをとりながら、細かいコーナーをきれいに抜けていく講師の方の走りは安定していて圧巻でした。
志賀さん


引きこもりからの脱却
体調はなんとか良くなりました。
今日から社会復帰です。

4日連続で引きこもっていました。

引きこもっていると1日中、ネットやTVを見たりして過ごしていく中で(もちろん寝ている時間が大多数でしたが)、感じたこと。

あっという間に社会・会社・競争からおいていかれている感覚。
基本的に自分の焦りから生まれるわけだし、実際にはたかだか4日間ですが。

引きこもりの人の境遇が分かったような。。?
学生のときは違って、ちょいっと怖くなりましたね。

予定が狂ってしまいましたが、今週挽回できるか?。

ブレーキパッド検討
私のCF4、サイドブレーキが全く効きません。
クリープ状態でも若干進んでしまうくらい。

対処法はないものか。。

リアのブレーキパッドを高μのものに換えてみようか。

納車時、フロントのパッドは交換済みなのですが、実はリアの状態はわからないのです。

エンドレスのスポーツ走行用ブレーキパッドが良いかなと思っています。

設備があれば交換も自分でやりたいんんだけど。。

Gymkhana_RSPL.jpg


鼻水インジェクション
injection.jpg


月曜から体調が崩れ始め、昨日・今日と休暇をとりました。
今日、お昼に地元クリニックに行ったらなんとインフルエンザと判明。
B型というやつで結構珍しいらしい。
タミフルを処方してもらいました。

この特効薬タミフル、へたな風邪より早くフルーを直してしまうらしいですが。
ニュースではこれを飲んだ人が自殺したという話を聞きますから、若干怖いです。
確率で言えば相当低いと思いますが。

こういうとき、一人暮らしだと困りますね。
十分に栄養も取れませんから。


年末に予防接種を受けたんですけどね。
移るときは移るみたいです。
だけど、熱は37~38℃なので、以前かかった時より辛くないです。
これは予防接種のおかげで免疫力がついてるからとお医者さんが言っていました。
以前は40℃前後の熱が1週間出て、それこそ死んでてもおかしくない状況でしたから。


も一つラッキーだったのは、有給がとれる仕事の時期だったこと。
もし審査直前とかだったら休んでる場合じゃないからね。



寝ているとあれこれ考えてしまうもので、上の画像は次に車を買ったときにぜひ付けてみたいパーツです。
4連スロットルインジェクション+MoTeCでセッティング。

GT-Rはスーパーカーかどうかはたして。。
ベストモータリングDVDの最新号を見ました。
今月号は日産GT-Rが特集されています。

結論として、
「GT-Rはスーパーカーと言えるかどうか?」
という投げかけがあったのですが、みなさんはどう考えますか?

僕はスーパーカーではないと思います。

通常の車を超越した異次元の世界観を持っているフェラーリやランボルギーニ。
これらはスーパーカーだと思います。

GT-Rはそもそも、スーパーカーになることが目的ではなかったのです。

GT-Rは快適性を考慮しながらいかに速い車に仕上げるか。
へたに高級感を追求しなかった分、コンセプトが明快です。
こうして1/3の価格でガヤルドに喰らいつける性能を得ました。


しかし、ここで明らかに差が出るのがメーカーのブランド力です。
所有する喜びにも影響します。
安くて速くて壊れなければ良いというわけではないところが、車の奥深いところ。

海洋冒険家・白石康次郎氏
海洋冒険家・白石 康次郎氏の講演を聞いて来ました。

金もない、人脈も無い、船も無い。
そんな状況で、世界でたった唯一誇れるのは、愛船で絶対に世界一周するという情熱。
それが状況を変えていく。


嵐でも船が壊れても、どんな状況でも航海を楽しむ。

判断に悩んだときは座禅を組む。
そうすると心のフィルター(邪念)を取り除くことができる。
つまり目的を達成するために真に必要なことが見えてくる。

レースに勝つためには、準備からレースであるという認識が必要。
レースをトータルで考え、限られた予算をどう配分するか。


冒険家という、僕とは状況がまったく違うなと思った人から、色々ヒントをもらいました。


むしろ、状況が違う人から聞く話はとても刺激になる。

イニシャルDもどき第二章 2/21本庄に集合
corse_0418-05.jpg
■ジムカーナ第二章
 2/21(木)に本庄サーキットへ出陣します。

この日に有給が取れる方、一緒に行きませんか?
この前行った感じだと、AT車OK、ノーマル車OK、スポーツカーじゃなくても全然平気でした。
1台ずつ走るので、自分のペースで走れます。
ヘルメットとグローブがあればOKです。

アクセルを全開にしてエンジンとの一体感を楽しむもよし。
自分の車の限界を体感することは公道での安全運転にも繋がりますしね。


僕は10年後、最上級の社内ライセンスを狙いたいと思っています。
Sライ所有の上司は、それはいわば宗教に近いと言っています。
つまり、普通に街で運行する分には運行できているつもりでも、スムーズさをとことん追求した超スマートなハンドリング&ペダル操作が求められるとまるで別次元。

今の僕にはとても高いハードル。
謙虚に日々の練習あるのみ。


V8、5ℓのインテリ怪物
いや~
都内を歩くときは、でか字マップを持っていくべきですね。
調べたお店の位置が分からないって悔しいのでいつかリベンジ。


レクサスに試乗しに行きました。
車:IS-F

いわゆるモンスターマシンでした。
しかしひとたび主人の望みとあらば、どこまでも加速していく従順な怪物。
最新の制御デバイスが満載ですから。
そのおかげで街乗りもスムーズ。
あとはサーキットに持っていって、どうか。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。