毛玉屋日記
プロフィール

毛玉屋

Author:毛玉屋



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TV会議
今日、初めてTV会議をしました。

思っていたより、やり易かったですね。

向こうの資料をこっちのプロジェクタで映すこともできます。

でも、こしょこしょ話も意外と向こうでは大きな音で聞こえていたりします。。


でも、やっぱりフェイスtoフェイスよりも、伝わる情報が少ないですね。
スポンサーサイト

Drift Box
久しぶりにSライ上司に会ったら、イントラ級の人たちがPCを囲って何やら討論していました。

見ていたのはワインディング走行をデータロガーで取得したデータでした。

その名も「Drift Box

Driftboxincarsky-270by202.jpg

比較対象のデータもイントラ級の方なのに、Sライの方はものの見事に5~10km/hほど車速がオフセットされて高かったです。

う~ん、さすが!


このロガーは、前後加速度はもちろん、高精度のGPS機能でライン取りも記録できます。

で、さらにすごいのがドリフトアングルが分かることです。
もともとドリフト競技用に開発されたらしいですが、グリップ走行がメインであってもヨー旋回角度が分かるので、コーナーのどの段階で向きが変えられているか、後から解析することが可能です。

走行会とかこれ持ってったら楽しいだろうなぁ。

通勤路で使ってみるのもいいかも。

買っちゃおうかなぁ。。



この世界の片隅に
職場の近くにツタヤがOPENしました。

ぷらぷら歩いてて面白そうなコミックを発見。

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)
(2008/01/12)
こうの 史代

商品詳細を見る
戦時中の広島。
呉に嫁いだ"すず"を取り巻く物語。
慣れない環境の中で、義姉のツライ態度にもめげずに、精一杯に家事をする姿に母親像が重なる。


雨の余韻
雨の音楽祭、無事に終了しました。


1000人以上の観客動員にして、

我が団のTenは2人・・

しかもDivがあったので、もはや度胸で乗り切りました。

客席ではどう聞こえたのか、今後ビデオチェックですね。

いやぁ、でもホントすみません。。

もっと、歌、上手くなりたいです。
この場でこっそり懺悔します。


でも、知可子さんの歌声を聴いて、とても良いヒントを得られたような気がしました。

素晴らしい機会を与えてくださった全ての方に感謝します。

こんなにたくさんの方に歌を聞いてもらえて、
もし、何か感じていただいたのなら、

こんなに嬉しいことはないですね。




オーラ
今日は「雨の音楽祭」のリハーサルがありました。

沢田さんと一緒に歌ったのですが、

さすがプロ!!

音程は正確だし、英語の発音も自然だし。
それは当然として、もひとつ何かオーラみたいなものがある。

それはどこからどうやって出すのか、、

追求し続けるに値する。




家計簿
一人暮らしを始めて1年と9か月。
社会人になってから2年と3ヶ月。。

給与引き去り積み立てや、定期で貯金、

あとは手取りでやりくりしていれば、

まぁ将来において不安はない、、


ハズでしたが、


なんせこのご時勢ですから

将来がどうなるかなんてわかりません。


なので、家計簿をつけて収支の見える化を始めました。

ほっんと始めるのが遅かった。
精度にこだわらず、まずは始めることですね。

とりあえず約1か月分つけてみましたが、

何にどれくらい使ったのか一目でわかるようになって、なんだか面白い。


引き締めてこ。

家計簿


雨の音楽祭
私が出演する、次回イベントのご案内です。

沢田知可子さんと一緒に歌います↓
沢田知可子が贈る「雨の音楽祭」

沢田さんのバックコーラスと、スカートラが単独で歌わせていただく時間もあります。

マイクを使うので、どんな音色で響くのか楽しみ。

合唱フェスティバル

今年の朝日コンクールはG2を歌います。。(秘密ではないよね!?)

タイトル 「Rukos」

フィンランド語の曲です。

歌い込めば込むほど良い曲。

今年の選曲は、自由曲も含めて、例年にも増してチャレンジングです。
言語も多種多様だし。
今はとにかく歌いこむしかない。


今日、北トピアに合唱フェスティバルを聴きに行きました。

様々な合唱団が日本を代表する作曲家の曲を演奏しました。

どの団もそれぞれ個性が出ていて上手かった。

Tenの響きがよいところは混声合唱としてまとまってますね。

有名な作曲家の先生や、指揮者の先生の顔を拝見できたことも有意義でした。

自由曲として選んだ曲の生演奏を聴けたのもイメージが膨らんでよかったです。


上手い演奏って、目から入ってくる情報も、やっぱり普通とは違いますね。

オーラが出ているというか。。

写真展 & 合唱祭
知人が写真展を開いたとのお知らせをいただき、行って来ました↓

Photo Project
http://blog.livedoor.jp/photo_project/
場所:Shomokita Art Space

普段、どこかで見たことある風景を見事に捕らえた作品の数々。

フィルムに拘って撮られているので、どこかアナログな温かみもあります。

写真って、写真に撮ろうと思うだけで、普段の何気ないフィールドが絵になるんですよね。

懐かしい後輩にも会えて、プロジェクトのメンバーとも仲良くなれました。

[続きを読む]

Audi A4、TTS Coupe試乗
Audi A4 2.0TFSI quattro
と、
Audi TTS Coupeを試乗してきました。

A4の2.0TFSI quattroというグレードは、最近ラインナップに追加されました。

2.0リッターターボエンジンが縦置きされ、
新開発された7速Sトロニックトランスミッションが組み合わされています。
Sトロニックは最近流行のツインクラッチのトランスミッションですね。
そしてAudiプレミアムクラスの象徴であるquattro:4WD。

ツインクラッチは素晴らしいですね。
変速ラグがほとんど無いので、気持ちが良いです。
特にシフトダウンのブリッピングは素晴らしい。

自分は普段、マニュアルの車に乗っているので、
もちろんギアチェンジには相当気を使っているのですが、
多少なりとも変速ショックは出てしまうし、そもそも0.1秒以下でシフトとか無理。

Sトロはギアチェンジのお手本、先生です。

もっとも、マニュアルとは構造が違うので、
Sトロのようなシフト操作に近づけることはできても、
やっぱりSトロの方が速いし正確。。

加速性能は驚くほどではないですが、
その分トルクがあり、ゆったりと乗れます。

操舵感も素晴らしい。
EPSの制御に加えて、足回りの素性が良いのでしょう。

エクステリアの存在感もA4の持ち味。
道路ですれ違うと、しばらく目を奪われます。

とっても良いセダン!



TTS Coupeは乗った印象として、思った以上に大きい車。
インパネはスポーツカーらしく割りとシンプル。

A4に比べて軽快感があります。
排気音、エンジン音の演出も素晴らしい。
Sトロも上記同様、素晴らしい。

スポーツモードにしたとき、性格が変貌します。
エンジン回転は上まできれいにまわって、
コレで山道走ったら気持ち良さそうです。

上まで回るといっても、そんなに高回転型ではなく、
あと、やはり加速感があんまりないのは、
やっぱり環境対応があるのでしょうか。。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。