毛玉屋日記
プロフィール

毛玉屋

Author:毛玉屋



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全てやりきるには~??
やらなきゃいけないことがたまってるなぁ。


本業の仕事、今よりもっと考えていかないといけない。
絶対に商品にするぞ。


英語。
めざせ800点。


専門分野の資格試験。
自分の強みを、示す。


ドラテクも磨かないといけない。




scatola演奏会の運営については、

メンバーの、暖かい支援で救われています。

ごてごてのリーダーでホントすみません。



でも、絶対に成功させるぞ。



俺に与えられた時間を、

フルに有効活用の術で。



あと、部屋を片付けないといけない!
スポンサーサイト

英会話
今日は英会話の授業でした。


USから帰ってきたばかりなのに、


英語が出てこない!



表現が稚拙すぎて悲しい。。



最近、インプットは増えてるので、

これからはもっとアウトプットの機会を多くしないとだめですね。



スタッドレスタイヤ装着
かなり乗り遅れましたが、

今日、スタッドレスタイヤへ交換しました。


出張とかあったから、夏タイヤでも今までなんとかなっていました。

去年、新品を買ったので、使わずに雪シーズンが終わるのはなんだかもったいなくて。


鉄チンホイールに履かせました。


味気ない~


が、逆にストイックとみえなくもない!



US出張、終了
無事に帰国。

今回も無事故・無違反で何より。

課題解決の光も見えた。


機内で、映画 ‘ソーシャル・ネットワーク’を見た。

実際、カリフォルニアの勢いは本当にすごい。

Google、Apple、Facebook。。



ザ・ゴール2



ザ・ゴール 2 ― 思考プロセスザ・ゴール 2 ― 思考プロセス
(2002/02/23)
エリヤフ・ゴールドラット

商品詳細を見る


ザ・ゴールの続編。

だけど、単純な続編ではない。

ザゴールで紹介された制約条件の解決方法TOCを、生産管理手法に留まらず、
マーケティングや家族間など全ての事象に拡張し、具体的なプロセスを物語形式で紹介。

一見、矛盾しているような問題事象を、
「ツリー」によって論理的に解決するのは見事。

プレゼンの参考にもなると思いました。










Facebookを始めました
USの休日。

ホテルに引きこもって作業をしていました。

出かけるのが疲れたというのもありまして。

ここのとこ、土日も活動してましたから。

たまには引きこもるのも良いですね。

そのついでに、遅いけどFacebookを始めました。
日本ではまだmixiが強いみたいですが、
海外の人と繋がるには、良いツールですね。


カレーも美味しく作れました。
レアチーズケーキ作りにもトライしました。


テストはあと残すところ1日のみ。
あとは片付け。
どうか、事故らず、無事に帰国できますように。



飛び石でヒビが入ったEK9のフロントガラス。
出国前にガラス交換しました。

65kが羽ばたきました。
これでも安い輸入ガラス。
純正ガラスだと100kコースですから。

これからどんなメンテ費がかかるだろうか。

備えておかねば。


こっちに来てから、サーキット走って練習したくてむずむずしてます。

3速全開からのフルブレーキ&シフトダウンをキメたい気分です。


あぁ、、

2速のシンクロが心もとないのを思い出した。。

ミッションのオーバーホールが必要なのか? 次は。。

ヨセミテ2




【scatola】1/31 教会コンサート終了
1/30に、川越教会でコンサートを行いました。


教会は超満員。
200人ほどのお客様で大成功でした。
母校の高校生、会社の後輩、などなどたくさん来てくれました。



演奏が終わった後に、

「感動した」と言ってもらえるのが、

本当に嬉しいです。
感動の提供は僕の生きがいです。



しかし、本当の音楽を披露するには、

まだまだ高みを目指さないといけない。


「感動」から、

その先にある、

「感謝」。

これを頂くレベルまでは、まだ遠いと感じています。



US出張@サンフランシスコ
USに来ています。

年末に出張したばかりですが、
またもや2週間ほどアメリカの風を感じております。


ところでアメリカだけに限らないと思うけど、
こちらはドアの開け閉めに関して紳士的ですね。

自分が開けたドアに誰かが向かって来る様子があれば、
(かなり離れていても)開けて待っていてくれる。

Thank you と言うと、
必ず、
Your Welcomeと返ってくる。

この一連の動作が、妙に一体感を生み出す。


これは良いと思って、
最近は僕もドアを開けて待つようにしたんだけど、
日本では、

お礼を言ってくれる人と、
目も合わさず素通りする人と、

半々くらいですね。

特に、管理職系の人ほど素通りしますね。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。